猫のお話

猫じゃらしのおすすめはどれ?人気の売れ筋と遊び方について

猫の代表的なおもちゃといえば猫じゃらし

猫じゃらしを買ってみたものの、反応が薄い…なんてころはありませんか?

実は、猫じゃらしの攻略法ってあるんです!

この記事では、おすすめのねこじゃらしと、上手な遊び方について詳しく解説します。




猫じゃらしのおすすめはどれ?

猫にとって遊びは狩りの練習。

つまり、狩猟本能を引き出すことができれば遊んでくれるんです。

猫じゃらしの選び方には5つのポイントを抑えるといいでしょう。
  1. ネズミやヘビなど狩猟本能を刺激する
  2. セット商品が狙い目
  3. 安全を配慮
  4. 音が鳴るタイプ
  5. 電動で動くシッタータイプ

ネズミやヘビなど狩猟本能を刺激する形

猫が喜ぶ猫じゃらしの形は、鳥の羽根やネズミ・ヘビなどの生き物をイメージさせるものです。

これらの動物たちは猫の本能を刺激!

狩猟本能を刺激するので、夢中になって遊んでくれることが多いでしょう。

ストレス発散にもつながります。

今ではペットとして飼われることが多い猫も、もともとは野生動物です。

狩りをする本能は今だにちゃんと備わっているんです。

上記のようなものを選べば、猫も夢中になって遊んでくれるでしょう。

セット商品が狙い目

飽きやすく、気まぐれな性格をしている猫は多いもの!

同じおもちゃでずっと遊んでくれません。

ですので、猫じゃらしは何種類か揃えることがおすすめです。

ローテーションさせて遊ばせるといいでしょう。

色や形の異なる数種類のタイプが含まれる『セット商品』なら、数種類のおもちゃが揃っているので飽きずに遊ばせることができます。

評価の高い猫じゃらしをリサーチして、少し多めにバリエーションを揃えるといいです。

ポイントは『猫の飛びつき具合についての評価』は、どんな口コミがあるかをみてみましょう。

安全を配慮

安全のために、猫じゃらしはなるべく耐久性の高いものを選びましょう。

じゃれつき遊びは『狩り』の名残なので、捕まえたら食べることが多いのです。

猫じゃらしから剥がれた飾りや紐など、誤って飲み込むと胃を傷つけてしまう恐れがあり危険!

切れにくいものなら、猫が誤って飲み込んでしまう事故を防げます。

耐久性に関しては口コミや評価が参考になりますので、商品のレビューもチェックして、高耐久のもののを選びましょう。

また、遊ばせるときは目を離さないことが大切です。

音が鳴るタイプ

音の出る猫じゃらしも市販されています。

猫に見えないところで、音を出すなどして気を引く猫じゃらしもあるんです。

猫が音に気づいたら音を少しづつ大きくしていき、猫じゃらしを見つけさせてあげましょう。

隠れていた獲物を見つけたという達成感を味わえるはず!

電動で動くシッタータイプ

猫じゃらしといえば手動で動かすもの!と思いがちですが、実は電動の『シッタータイプ』もあるんです。

電源を入れると自動的に動いたり光ったりして、猫の遊び相手をしてくれます。

シッタータイプがおすすめの人・猫
  • 猫が活発過ぎて手動だと体力が持たない!
  • いつも遊び足りそうな猫
  • 太り気味の猫のダイエット

遊んであげたいけれど、いつも構ってあげられないような人にピッタリです。

猫じゃらしのおすすめ/人気の売れ筋は?

Amazonの売れ筋ランキングと、楽天売れ筋ランキングについて、人気の売れ筋はどのようなものでしょうか?

それぞれに、売れているものが違うという印象です。

また、Amazonは1時間ごとにランキングが更新、楽天は1週間ごとに更新されます。

猫じゃらしのおすすめ/amazon人気ランキング

 

ランキング1位
羽根スティックには天然素材の羽根を使用。猫の狩猟本能が刺激され、猫じゃらしの先端を噛もうとする場合があります。 噛ませるタイプのおもちゃではありませんので、口には近づかず遊ばせてください。単3電池が4個必要です。
評価
商品名 猫壱(necoichi) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2
素材 【生地】ポリエステル 【スティック】PE樹脂(羽根:鶏羽・ひも:ポリエステル)【本体】PVC樹脂
価格 1,480円(税込み)

Amazon 

ランキング2位

しっぽは、全長150cm。新体操の競技のようにしっぽを操作して遊ぶスティックタイプの猫じゃらし。細くてピンク色の長いしっぽの先端は、中に鈴が入っている『ウサギのファー』。猫の狩猟精神をかきたます。

評価
商品名 キャティーマン (CattyMan)
素材 アクリル、ファー、 ポリ塩化ビニル、PMMA、PVC、アクリル、ウサギ毛
価格 292円(税込み)

Amazon

ランキング3位

やわらかいワイヤーの先にお花のおもちゃがついた、びよーんと楽しめるおもちゃです。付属のフックでドアノブや椅子の背、その他いろいろなところへ引っ掛けても遊べます。ワイヤーは60cm。

評価
商品名 キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 びょーん お花
素材 スチロール、発泡ポリスチレン、レーヨン、PVC、スチール、ナイロン、ニッケル、真ちゅう 《専用クリップ》ポリプロピレン
価格 322円(税込み)

Amazon

猫じゃらしのおすすめ/楽天人気ランキング

 

ランキング1位
自動方向転換であちこちに思わぬ方向に転がり、ヒカル!ベルのついた羽の猫じゃらし。交換できる猫じゃらしもあり、長く使えます。電池ではなくUSBでの充電式なので電池交換の手間はありません。
自動で動き回るのですが10分ほど経過すると自動で止まります。愛猫が本体に触れことで再度動きはじめます。お留守の時でも愛猫が一人遊び出来る猫じゃらしです。
評価
商品名 電動 猫じゃらし 羽根付き
素材 ABSプラスチック
価格 2,980円(税込)

楽天

ランキング2位
猫びより掲載モデル。猫じゃらし11点もついているから、多種多様なアイテムの中からきまぐれな愛猫も1つは興味を示してくれるはず!
万が一、一点でも気に入ってくれる様子がないならば、返金保証までしてくれるので安心して購入することができます。鳥のハネや鈴などナコの好奇心をくすぐるものばかりが揃っていますので好みのものが見るかるでしょう。
評価
商品名 【猫びより掲載モデル】 猫じゃらし11点セット
素材 強度と形状、糸と棒の破損保証あり
価格 1,280円(税込み)

楽天

ランキング3位
とらえて、もてあそぶ!猫の狩猟本能を引き出せる!竿は振り出し式で約38cmから約90cmまで伸びます。グラスファイバー製の竿とナイロン糸で柔軟な動きができるのでしなやかな動きで猫も夢中。猫本来の俊敏な動きを引き出し、狩猟本能を掻き立てます。耐久性の高い丈夫な造りとなっています。
評価
商品名 猫じゃらし 11点セット
素材 EVA樹脂、グラスファイバー、羽毛、ポリエステル、ナイロン糸
価格 1,200円(税込み)

楽天

猫じゃらしのおすすめ/遊び方

猫は、狩りをしてきた生き物。

狩猟本能をなくさせてはいません。

そのためにも、猫じゃらしの動きで小動物に見立て遊ばせてあげるといいでしょう。

猫にも獲物の好みがありますので、愛猫の好みを知っておくことも大切です。

  • 日頃の生活の中で飛んでいるものに興味を持っている⇒虫や鳥が好み
  • カサカサという音に興味を持っている小動物が好み

愛猫が好む獲物を演出できるおもちゃを選び、食い付きが良いものを選ぶといいでしょう。

あくまでも遊びですので、最後は必ず捕まえさせてあげてください。

成功する体験が楽しさを呼ぶのです。

猫じゃらしのおすすめ/まとめ

今回は、猫じゃらしの種類別攻略法を教えさせて頂きました。

猫じゃらしを小動物に見立てて、よりリアルな動き方ができるように力を注いでくださいね。

猫は暗くなる頃の時間帯に狩りをするので、シーンとしては夕方以降がおすすめです。

さらにご飯を食べる前を狙って遊び、その後でご馳走時間にすることで実際に捕まえた獲物を食べている気分が堪能できます。

意図して体を動かすことでうっぷん晴らしになり、お悩みである運動不足を解決することになる。

何より愛猫とのこれ以上ないコミュニケーションの時間にもなりますので、エキサイトしてレクリェーションしてください!