猫の豆知識

病気?猫の口元に黒っぽいものが!?やばい状態なの?

猫に黒っぽいものが出来た時

ある日ふっと猫をみていると、口元のくちびるあたりに黒っぽい物が見えて、びっくりする飼主さんも結構多いようです。

この黒っぽいものの正体は何なのでしょうか?

いきなり飼主さんを驚かせるこの黒っぽいものの正体は、実は色素が固着によるものらしいです。

特に茶色のトラ猫の場合、毛の色のせいなどが原因となって色素が出やすい子が多いというデータがあります。

ついでにお伝えすると唇だけに限らず、鼻やまぶた等、毛の生えていない箇所に黒っぽくなっていることが多いそうです。老化により年々黒っぽいのようなものが、どんどん増加していく猫ちゃんもいっぱいいるのです。




猫に黒っぽいものを見つけたら

猫の唇や鼻、まぶた等に黒っぽいのようなものが現れた場合、

まずはむくんでいないか、しこりがないか、かゆがらないか、痛がらないか
ここをチェックしてみましょう。

痛がるならば炎症があり皮膚病気の可能性が高まりまし、痛みも不快な思いも感じていないなら腫瘍の可能性が高まります。

そしてそれ以外にも、ホクロのようなものが現れている時は、その数も重要だと言われており、いくつも出ている場合は色素沈着のことが多いと言われています。

反対に、1つのホクロのようなものがあっという間に大きくなる、又は1つのホクロのようなものに対して、次々と関連付けられるような形でホクロが現れてくる場合にはお気をつけください。

自分じゃ見極めにくいと思案した際は、獣医さんへ行くとすぐにチェックをしてくれますので、状態をみながら獣医師へアドバイスを求めることが1番です。

ちなみに、くちびるや鼻、まぶただけじゃなく、猫のアピール力である肉球やヒゲ周りのにも、ホクロのような色素固着が見られる場合もあります。

ホクロのような色素固着と皮膚がんとの異なるところは、”炎症”だと言われています。

色素固着の場合は、茶色、もしくは黒っぽい、汚いもののような感じのものが多いです。

その反面黒っぽい塊で、「まめ」という様なデキモノの場合、一般的には単なる色素固着ではなく皮膚がんの可能性があります。

まとめ

今回は飼い主さんが心配になる”猫の黒っぽいもの”について詳しく調べてみました。


ほとんどの場合は、加齢による色素固着だとわかりましたが、しこり等が見られるケースでは、皮膚病や皮膚がんの可能性もある為、ほかの部分への移行も考えられるので、いい加減に扱うのは望ましくありません。

猫にほくろのようなものが現れた場合は、飼主さんが安心するためにも、一度獣医師に相談することが大切です。